「ついに出会えた」といわれ続ける、
KEYUCAキッチン用ゴミ箱
arrotsダストボックス

キッチンをスッキリとセンスよく見せたいと思ったら、意外に大切なのがゴミ箱選び。 機能を重視しすぎるとデザインがイマイチだったり、見た目ばかり追求すると使い勝手が悪い…なんてことになりがちです。 キッチンのゴミ箱は使用頻度も高いので、分別のしやすさにもこだわりたいもの。 そんな難しいキッチンのゴミ箱選びで常に選ばれ続けているのが、arrots(アロッツ)ダストボックス。その人気のヒミツについて探ってみました。

arrotsダストボックスが選ばれるワケ

数あるキッチン用ゴミ箱のなかでも、arrotsダストボックスが選ばれるには、いろいろな理由があります。それは、みんなの欲しいがいっぱいつまったゴミ箱だから。「こうだったらいいのに」「こんなゴミ箱があったらいいのに」そんなみんなの想いをカタチにした、arrotsダストボックスには3つの大きな魅力があります。

その1 大きく開いて静かに閉まる

arrotsダストボックスの大きな魅力のひとつが、左右両開きのフタ。省スペースでフタが開閉でき、置き場所の選択肢が広がります。

従来のゴミ箱のフタは、上下に開閉。arrotsダストボックスは、左右両開きのフタのため、上部が狭い所でもフタを全開にできます。

また、料理中に手が汚れていても、ゴミが捨てられる足踏み式。足で踏むだけで、パカンと大きく開くので、ゴミが捨てやすく、引き出したり、開閉用のスイッチを押したりする手間が省け、お料理も効率的に。また、フタにはダンパーが仕込まれていて、ペダルから足を離すと静かに閉まります。当たり前になっていた「バタンッ」閉まる音のストレスから解放され、一度使うと手放せません。

移動しやすい、便利な後輪キャスター付き。ゴミ出しやゴミ袋の交換の時なども、重くなったゴミ箱を持ち上げる必要がなく、片手でスムーズに動かすことできます。床を傷めにくいのも、キャスター付きならではのうれしいポイント。ゴミ出しの負担を減らし、毎日の家事をラクにしてくれるゴミ箱です。

その2 見た目スッキリ!

できる限り四角に近づけたフォルムで、色も置き場所を選ばない白。様々なキッチンを調査して決まった最適なサイズ。余分な場所をとらず、スッキリ置くことができます。

収納部分に収まりやすいよう、さまざまなシステムキッチンをリサーチしたサイズ。オーダーしたみたいにきちんと収まることも。見た目もキレイに収納できます。

その3 分別もカンタン

今、どの市町村でも細かくなっているのがゴミの分別。でもキッチンにいくつもゴミ箱を置くのはスペースも見た目も難しいですよね。

arrotsダストボックスは分別用に凸凹留め具があり、そこにゴミ袋もレジ袋もかけられ、細かい分別に対応できます。ゴミ袋の収納ケースも内側に配置。ゆき届いた工夫がいっぱいです。

実際にご使用いただいているお客様の声

「素晴らしい」の一言

キッチンメーカーのカップボード内ゴミ箱スペースに、これが3台シンデレラフィットでした。観音開きになっているので、ペダルタイプなのに蓋がぶつかる事なく全開できる所が本当に素晴らしいです。後ろにカートが付いておりそれもスムーズですし、蓋がゆっくり静かに閉まるようになっており、色もホワイト無地で、言う事なしです。

ペダルが便利

収納サイズでジャストだったので購入。蓋が観音開きなので、開けるスペースもとりません。ビニールをしっかりワイヤーにかけられるので、中で分別も可能です。夏の匂い漏れが心配ではありますが、使いやすい。

気に入ってリピートしました

カップボード下にぴったりのサイズを探していて、こちらに決めました。蓋の開き方、ペダル式、サイズ、全て理想通りでした。最初に2つ購入、そのあとさらに2つ購入しました。

探し求めていた理想のゴミ箱

キッチン用として購入しました。今まで使っていたものは、「引き出して蓋を押す」2アクションでゴミを入れなければならず、ストレスを感じながら使っていました。理想のものがなく、ペダル式で蓋が多少開きづらくても1アクションで捨てられるゴミ箱を妥協して買おうか何度も迷っていました。何気なくKEYUCAさんのページを見ていたら、こちらのゴミ箱を見つけました。サイズを見て『やっと巡り会えた~』と思い、3つ買おうとしましたが、とりあえず1つ購入し、大丈夫なことを確認してから追加で2つ購入しました。以前使っていたものも気に入っていたのですが、ゴミ捨てのストレスが軽減されたので買い替えてよかったです。

たくさんの「想い」に応え、開発された人気商品

キッチンは、お料理をしたり、リビングから見えたりと、いつもすっきりキレイに保ちたい場所。けれど、実際はお片づけが追いつかず、生活感が出やすいところでもあります。

このようにキッチンという場所柄、収納量や動線を考えていくと、ゴミ箱の置き場所というのは悩みのタネ。お客様からも「満足できるゴミ箱がない」「ゴミ箱を目立たせずに置きたい」など、さまざまな声が寄せられていました。 そんな「生活する人の気持ち」をひとつずつ集めながら、つくられたのがarrotsダストボックスです。

食べ物を扱うキッチンのゴミ箱だからこそ、シンプルで、置きやすく、使いやすく。そして快適な暮らしのための工夫もふんだんに取り入れ、デザインと機能を両立した「あったらいいな」という商品に完成させました。
今では、「KEYUCAのゴミ箱っていい」と、多くの方々に愛用されています。

このページを見た人はこんな商品も見ています

商品をもっと見る >>