KEYUCAのマットレスは、
日本生まれ。
寝心地もプライスも
“ちょうどいい”にこだわりました。
KEYUCAのコイルの高さは、
もっともニーズがある6インチ。

硬めでしっかりとしたフィット感。やさしく包み込むような心地良さ。 求められる寝心地によって選べるKEYUCAのマットレス。 お一人おひとりにとって、“ちょうどいい”快適さを お求めやすいプライスにて実現しました。 ハードなフィット感で人気のグランシアシリーズに加え、ソフトなフィット感の ファニーノシリーズが仲間入り。スプリング、ウレタン、縫製など 細部にいたるまで日本製と、繊細な仕上がりをカタチにしました。

コイルスプリングついて

ロンノロイヤルシリーズのコイルをプリヒーティングするスイス・スプール社製の最新式コイルマシン。

6インチのファニーノシリーズのスプリングが作られていく様子。

機械によってコイルスプリングがポケット状の布に入れ込まれていく。

ポケット状のコイルスプリングが並べられていく様子。

コイルスプリング数が
多いほど硬めに

コイルスプリングは、コイル数が多いほど硬くしっかりとしたマットレスになります。硬めのフィット感がお好みの方は、コイル数の多いものがおすすめですが、その分、重さが増して扱いにくくなります。コイル数が少なめのマットレスは、ソフトな寝心地が魅力。柔らかなフィット感で身体のラインに優しく添います。

コイルスプリングの並べ方で
強度が変化

コイルスプリングは、並べ方によってもその弾力性が変わってきます。コイルを並列に並べると、ほどよい弾力が実現し、コイル同士を交互に千鳥並びにすると、さらに強度が増します。

ファニーノシリーズ

ファニーノシリーズは、ポケットコイルを並行配列にすることで体を点で支えます。

柔らかな寝心地をカタチにするため、コイルスプリング数をシングルサイズで480個と適度な数量に設定し、ふんわり感を引き出しました。コイルスプリングを並列に並べたことも、ソフトな弾力につながっています。 コイル自体に熱を通した上で巻いていく焼き入れ技術によって、しなやかさを保持したまま、耐久性をアップ。ほどよいしなやかさと長くお使いいただける丈夫さで、バランスのとれた新シリーズです。 また、グランシアシリーズと同じ縫製仕様でカタチも高さも揃っているため、ご家族の好みがバラバラでも並べてお使いいただけます。

グランシアシリーズ

シングルタイプでも、コイル数が1176個と多め。耐久性が高く、ハードなフィット感が特徴です。布団と畳文化が根づいている日本人にとって、なじみのある硬さをカタチにしました。

生地と詰め物にこだわって
さらに寝心地よく

高弾性プロファイルフォームと呼ばれるウレタンの上に、柔らかくしっとりした質感の高機能プロファイルフォームを重ねた2層構造。(写真は「ファニーノプレミアム」の詰め物)

マットレスは大きく分けて、表面生地、詰め物(ウレタン)、コイルスプリングの3つからなる。

ウレタンは型崩れしないように表面生地と不織布を一緒に縫い合わせる。

生地の表面層にブランドネームを縫い付ける様子。

季節によって温度差の大きい日本では、マットレスを包みこむ生地にも工夫が必要です。暑さや寒さに左右されず、快適さを保てる素材によって、一年を通じて心地よい眠りを叶えます。 マットレスの素材のなかでもっともコスト比重の大きい詰め物=ウレタン素材には、特にこだわっています。進化し続けている新素材ウレタンを採用し、これまでにない快適さをより長く保つ商品づくりに力を入れています。

ファニーノシリーズ

マットレスの表面生地には、銀の抗菌加工に加え、速乾性の高い表面構造によって、夏でもムレにくくサラリとした肌あたりが実感できます。マットレスのために作られた専用生地は、伸縮性に優れたニット編みで、マットレス本来の機能を十分に発揮。裏面生地は、防カビ・抗菌・防ダニ加工を施した、湿気対策を行っています。 寝心地を左右するウレタンには、新素材の高性能ウレタン(GTF40ソフトタッチプロファイルフォーム)を採用。一般的なウレタンは気温が低いと硬くなりやすいのに対して、プレミアムに採用した新素材ウレタンは温度変化に影響を受けにくいのが大きな特徴です。さらに、高触感で寝心地がよく、吸放湿性に優れているのでムレにくく、ヘタりにくいしなやかな強度も備えているため、耐久性も期待できます。

グランシアシリーズ

表面生地には、あえてポリエステル100%の生地を使うことで、繊細な天然素材よりも耐久性のあるものに仕上げました。なめらかな肌ざわりや伸縮性に富んでいるため、マットレス特有の立体的な動きにもしっかりとついていきます。 ウレタンは、ほどよい硬さが特徴の凸凹に3次元カットした高反発タイプを使用。身体を凸部の先端で受け止めながら、重さを全体に分散させ、安定感のあるホールド感が得られます。

作り手の想いを訊く

ケユカ事業部 開発業務部 商品開発グループ 茂野 真幸氏

―開発者の声―
構想から一年の月日を経て
理想のマットレスが完成

KEYUCAにて一年の試行錯誤を重ねてつくられたファニーノシリーズ。コイル数の多さばかりに目がいきがちなマットレスにおいて、もっとソフトで、もっと扱いやすい良質なマットレスは作れないか、そんな想いから生まれたシリーズです。商品開発では、スプリングの数や配列、ウレタンとの相性を探るため、実際に寝て感触を確かめながら何度も試作を繰り返しました。マットレスは、最高のものだけを組み合わせれば良いものができるわけではありません。絶妙な組み合わせによって理想的なバランスが生まれます。そしてたどりついたのが、想像を超えるしなやかな寝心地と無理のない価格帯を両立したファニーノシリーズ。きっと皆さまに「あっ!」と驚いていただける自信作になっています。

―工場の声―
KEYUCAのマットレスを作り続けて

コイルスプリングからマットレスまで一貫体制を行う工場。

表面生地を縫って仕上げていく工程は、すべて職人による手作業。

創業から71年、マットレスを生産し続けている東京スプリング工業。その名の通り、バネの生産から始まったメーカーで、現在はKEYUCAのファニーノシリーズ、ロンノシリーズの生産を担っています。マットレスは、昔に比べて機械化が進んだものの、ポケットコイルにワクを取り付けたり、生地を縫製したりと人の手に頼ることが多い製品。従業員数50名と臨機応変に対応できる規模だからこそ、デザイナーの方々のこだわりや想いを真摯に受け止め、「誰も作ったことのない最高のもの」を共に実現したいと思っています。ここにしかない技術をもつ職人たちが丁寧に仕上げたマットレスで、皆様の快眠をこれからも支え続けてまいります。

KEYUCA
オリジナルマットレス 比較表
タイプ サイズ/
税込価格
コイル数 メーター
Standard
ファニーノ スタンダード マットレス
ソフトタイプ シングル
¥51,840
480個
セミダブル
¥61,560
600個
ダブル
¥72,360
720個
クイーン
¥82,080
780個
Premium
ファニーノ プレミアム マットレス
ソフトタイプ シングル
¥72,360
480個
セミダブル
¥87,480
600個
ダブル
¥103,680
720個
クイーン
¥117,720
780個
Standard
グランシア スタンダード マットレス
ハードタイプ シングル
¥51,840
1176個
セミダブル
¥61,560
1470個
ダブル
¥72,360
1715個
クイーン
¥82,080
1862個
Premium
グランシア プレミアム マットレス
ハードタイプ シングル
¥72,360
1176個
セミダブル
¥87,480
1470個
ダブル
¥103,680
1715個
クイーン
¥117,720
1862個

このページを見た人はこんな商品も見ています

商品をもっと見る >>