CLOSE

梅雨の部屋干し、もっと快適に。

じめじめした梅雨時期は特に洗濯物の部屋干しに悩まされる方も多いのではないでしょうか。

洗濯物のにおいが消えない。においが気になる。

干す場所がない。

高い湿度でなかなか乾かない。

大きなタオルが干しづらい、乾かない

ちょっとした工夫とアイテム選びで、悩みが解決できるかも。梅雨の部屋干しが快適になるポイントを洗う前 → 洗う → 干すのステップに分けて、ケユカのアイテムとともにまとめました。
Step1:洗う前 意外と見落としがち。洗濯するまでにニオイ対策のポイントあり!
Step2:洗う 洗濯物は溜めずに、こまめに。衣類に優しく洗うには?
Step3:干す 干す空間づくりのコツとは?
干し方次第。ポイントを押さえれば効率良く乾かせます!
番外編 部屋干しに強いアイテムを選ぶ

─ Step1:洗う前 ─

洗う前の衣類は
ランドリーバスケットを活用して

洗濯物のニオイが気になる。そんなニオイの原因は、意外と洗う前にもあるんです。湿気の多い梅雨時期は特に、洗う前の衣類にも湿気がたまっています。脱いだ衣類は洗濯槽にため込まずに、通気性の良い洗濯かごを利用して、洗う直前まで、衣類も洗濯槽も湿気をため込まない習慣が大切です。

ケユカの洗濯かごを、ご紹介します。

まずは定番の洗濯かご

Toiniタウンバスケットは、やわらかい材質で、持ち手を合わせて持つことができます。取っ手も一体型なので、余計な凹凸もなく、埃も溜まりにくいのがうれしいポイントです。

二段使いで高さが出せる

Toini ランドリーバスケットは、スタッキングすることが可能です。高い位置のかごなら、腰をかがめずに洗濯物を干すことができます。洗濯物の仕分けもできて大活躍です。

出しっぱなしでもお部屋になじむ

通気性より、見た目のインテリア性を重視したい方はAST ランドリーバスケット布がおすすめです。中身も隠せて、すっきりした布地がインテリアになじみます。コンパクトに折り畳むことができるので、収納にも困りません。

─ Step2:洗う ─

ネットを活用して、衣類に優しい洗い方

洗剤残りと洗濯槽のぬめりは梅雨時期のニオイの大敵。キレイにした洗濯槽で洗濯をしましょう。洗濯ネットの活用で、衣類を優しく守ります。衣類のサイズにあった洗濯ネットに適量入れることを心がけて。

洗濯ネットを、
ご紹介します。

衣類同士の摩擦、絡まりを軽減

毎度の洗濯では、しっかり洋服を保護して洗うことも大切です。ネットを使う際は、衣類を裏返して入れることで、汚れ落ちもしっかり。AST ランドリーネットは細かい網目で糸くずなどの混入を防ぎます。

使い方いろいろ洗濯ネット

中身の見えにくいASTランドリーネット ブラックは、旅行やジムにも大活躍します。着替えの衣類などを収納して、着用後の衣類も通気性良く持ち運び、そのまま洗濯機に。

─ Step3:干す ─

上下のスペースをうまく活用して

どうしても場所を取りがちな部屋干しでは、置き型タイプの物干しを活用して、縦方向に洗濯物を干すスペースを作るのもポイントです。

置き型の物干しを、ご紹介します。

置き場所に困らない伸縮タイプ

コンパクトになる伸縮タイプの置き型の物干しは、洗濯物の量に応じた大きさにできるのが魅力です。AST 伸縮タオル干しは軽くてスリムなので、持ち運び、設置作業も簡単で、スペースも有効活用できます。

木目でナチュラルな雰囲気

部屋の中で圧迫感を感じる物干しも、ナチュラルな木目柄なら、インテリアにもなじみます。AST ステンレス木目調タオル干しは、ステンレス製で錆びにくく、コンパクトに折り畳むこともできます。

─ Step3:干す ─

干し方、干す場所を工夫して乾きやすく

干し方や、干す場所で工夫できることがたくさんあります。洗濯物をなるべく早く乾かすコツを取りいれましょう。

便利な物干しアイテム、ご紹介します。

一定の間隔をあけて

早く乾かすには、衣類と衣類の距離を一定に保つこともコツです。AST ハンガーベースを活用すれば、一定の間隔で干すのも簡単です。

アーチ干しで吊るす

ピンチハンガーに吊るす時は、“外側に長い衣類、内側に短い衣類”を干し、アーチ状に見えるように。乾きにくい洗濯物の下側に気流ができるため、短い時間で乾燥させる効果が期待できます。

浴室乾燥には熱に強い材質を

電気代のかさむ浴室乾燥も、洗濯物の量に応じてうまく活用して。浴室乾燥の熱にも強いポリカーボネート製のピンチなら、安心して使用できます。

─ 番外編 ─

部屋干しに心強いアイテム選びを

ケユカで定番のシャンカータオルも、抗菌加工付きのものを選んで梅雨の菌対策。また、バスタオルは一回り小さいサイズのスモールバスもおすすめです。洗い方や干し方の工夫だけでなく、早く乾かすためのアイテム選びをするのも大切です。

ちょっとした工夫しだい。
今年の梅雨は快適に過ごせるかも。

暮らしの中に、梅雨の部屋干しを快適にするポイントがたくさんありそうですね。ケユカの洗濯アイテムを活用して、簡単なことから取り入れてみてください。

このページを見た人はこんな商品も見ています

商品をもっと見る >>

おすすめ特集

よみもの