また履きたくなるケユカ靴下研究所 また履きたくなるケユカ靴下研究所

また履きたくなる
ケユカ靴下研究所

日本製・履き心地にこだわった「ケユカ靴下研究所」が、お求めやすくなって新登場。また履きたくなる心地よい履き心地を追求し、より良い品質を多くの方にお届けできるように、リニューアルしました。

また履きたくなる靴下を目指して

また履きたくなる靴下を目指して

靴下を履いていて、残念に思ったことはありませんか?例えば、高かったのに、すぐに穴が空いてしまった。見た目は可愛いのに履き心地が良くなかった。通気性が悪くて足が蒸れて不快だった…など。ケユカ靴下研究所はそういった不満を改善し、「また履きたい!」と思える靴下を作ることをコンセプトに、商品開発をしています。

日本製にこだわる理由

また履きたくなる靴下を目指して

「ケユカ靴下研究所」が日本製にこだわる理由。それは、また履きたくなる履き心地を実現できるのは、日本の靴下工場だけしかできない技術だと思っているから。海外でももちろん靴下を作ることは出来ますが、糸の種類や編み立てなどの細かな調整ができ、かつ品質と価格を両立できるのは、日本の靴下工場しかないと思っています。 また、工場とのコミュニケーションの中で、新しい発見もたくさんあります。新しい技術や情報を直接聞けるのは、より良い商品を開発する上で重要です。


足元を上品にまとめてくれる
靴下の研究

足元を上品にまとめてくれる靴下の研究

目指したのは、きれいめファッションの日や、冠婚葬祭のときに履きたい上品な靴下。美しい見た目に、履き心地の良さと機能性を備えたワンランク上の靴下です。 使っている綿糸は糸の表面の毛羽をおさえる加工がされており、美しい光沢感が特徴です。毛羽がない分、毛玉ができにくく、つま先・かかとを補強することで薄地でも破れにくい工夫をしています。

足元を上品にまとめてくれる靴下の研究

レディースはさらりとした生地の細リブ靴下と、上品な輝きでチクチクしないラメ靴下。メンズは、スーツを引き立てるトラッドな柄物と、フォーマルシーンで活躍する、大変伸びの良いロング丈の無地靴下。すべて抗菌防臭糸を使用しています。

肌触りを追求した靴下の研究

肌触りを追求した靴下の研究

肌触りを追求した靴下の研究

目指したのは高級ティッシュのやわらかな肌触り。一日ずっと身につけるものだから、最大限のやさしさで足を包みたい、という思いで開発しました。レーヨンとシルクの混紡糸にシルクプロテイン加工を施し、履き口もゆったりしたデザインに。糸選び・デザイン・編み立て・加工という靴下の履き心地を構成する要素すべてで肌触りを追求したことで、ソフトでなめらかな、しっとりとした生地感を実現しました。嬉しい抗菌防臭糸使用です。

※シルクプロテイン加工とは・・・天然シルクから抽出されたシルク蛋白を生地にコーティングしています。

履きやすい5本指靴下の研究

履きやすい5本指靴下の研究

今までも大変好評いただいておりました5本指靴下ですが、普通の靴下よりも値段高いのがネックでした。指の間の汗を吸いムレを軽減し、足指が動くことで血流が良くなるなど良い効果がたくさんある5本指靴下を、より気軽な気持ちで履いていただけるように。まずはお値段から履きやすく。クオリティはそのままに、価格を大きく見直しました。(日本製で590円税別)

履きやすい5本指靴下の研究

女性は、5本指靴下をオフタイムに履く方が多いので、とことんリラックスの仕様に。履き口のゴムを極力なくし、締め付けの少ないやさしい履き心地に仕上げました。男性は、よく歩く日やビジネスシーンで使われることが多いので、フィット感が強い、ズレ落ちにくい履き心地に仕上げています。どちらも抗菌防臭糸を使用しています。

ムレないパイル靴下の研究

ムレないパイル靴下の研究

ムレないパイル靴下の研究

クッション性が人気のパイル靴下ですが、フカフカで気持ちよい反面、足がムレたり、靴がきつくなるなどの問題を感じていました。そこで、ムレを抑えるために、足底のパイルに、吸湿・放出性に優れた麻(ラミー)を使用しました。履いた瞬間にわかる足裏のシャリっとした感触とさらさら感は、他にはない心地よさです。また、中肉厚の生地感で、足底だけをパイルにすることで、靴を履いたときの窮屈感も軽減しました。嬉しい抗菌防臭糸使用です。

このページを見た人はこんな商品も見ています

商品をもっと見る >>