香りと過ごす1週間。

香りと過ごす1週間。

2019.2.7

気付けば2月に入り、春に向けて忙しく過ごしている方も多いのでは。今回のスタイルでは、毎日の生活をさりげなく彩るエッセンシャルオイルにフォーカスし、月曜日から日曜日まで、それぞれのシーンでエッセンシャルオイルの使い方をご紹介します。みなさまの毎日に、エッセンシャルオイルを加えていただければ幸いです。

月曜日

今日から、またお仕事がスタート。お休みのあとの出社は、中々仕事モードに切り替えられないときもありますよね。そんなときには、集中力を高める「ユーカリラディアータ」のオイルを染み込ませたハンカチをバッグにしのばせておきましょう。集中力が切れてしまったときに、香るだけでふっと気分が切り替わりますよ。

火曜日

例えば会社帰りに、英語のレッスンへ。仕事が終わったあとに習い事へいくのは、充実しているけれど頭は疲れてしまいます。優しい癒しを求める方は、お湯を入れたマグカップに「シダーウッドヴァージニア」と「レモンコールドプレスト」を1,2滴ずつ入れてみましょう。ほのかに香りが広がり、穏やかな眠りにつながりそうです。
※エッセンシャルオイル入りのお湯は飲めません。

水曜日

普段デスクワークの方は、どうしても身体が凝り固まったりしやすいので、週に一度ヨガの時間を作ってみては。実は、ヨガにピッタリのエッセンシャルオイルもあるんですよ。瞑想でもよく使われ、心が落ち着く香りの「フランキンセンス」。「ディフューザーカバー&スティック」を使ってスティックにエッセンシャルオイルを染み込ませれば、香りが広がり、より充実したヨガの時間になるかもしれません。

木曜日

明日会社に行けば、今週のお仕事も終わり。一番疲労を感じるタイミングなので、「ジュニパーベリー」「ベルガモット」「ローズマリー」3種のエッセンシャルオイルを贅沢にブレンドした朝風呂に入って、疲れをリセットするのもおすすめです。半身浴なら1滴ずつ、全身浴なら2滴ずつ入れるくらいがちょうどいいですよ。初めての方は、ぜひ少量からお試しください。

金曜日

お酒を飲んだり、外食の機会も多い週末。帰ってきたときにすぐ使えるよう、朝出かける前に洗面所にエッセンシャルオイルを用意しておきましょう。スッキリとした気分になる「スイートオレンジ」をアロマストーンに染み込ませれば、帰宅後にやらなくてはいけない家事も、さわやかな気持ちでこなせるかも。

土曜日

お友だちを自宅に招くことも多い休日。せっかくなら、なにか一つ普段と違うおもてなしをするのはいかがでしょう。いつものティータイムも、アロマ加湿器に「ローズゼラニウム」を入れれば、より華やかな空気に。「なんの香り?」と聞かれれば、会話もさらに広がりますし、おもてなしにぴったりです。

日曜日

ちょっと寝坊ができるのは、休日の醍醐味。たまには、のんびりするのもいいものです。リラックスしたいときにぴったりの「ラベンダーフレンチ」のエッセンシャルオイルをハンドタオルに1滴たらして枕の上に置いて寝れば、いつにも増してくつろぐことができるはず。明日からの1週間のために、ゆっくり、しっかり、エネルギーをためておきましょう。
※白いタオルはエッセンシャルオイルの色が付く場合がありますので、見えないところでお試しください。

いかがでしたか?慌ただしい日々を過ごしていると、余裕がなくなり、穏やかな気持ちが遠ざかってしまう場合があります。エッセンシャルオイルを取り入れることは、香りに癒され植物のパワーをもらうだけでなく、自分を大切にすることにもつながります。余裕が持てることで、周りにもやさしい気持ちが持てたらステキですよね。毎日を大切に、みなさまの1週間が、より心地よくなれば嬉しいです。

エッセンシャルオイルの一覧はこちら ≫