CLOSE

PET容器など、資源ごみにおすすめ
rectie2段分別ボックス

フラップ式の縦型収納ボックス「rectie(レクティエ)」シリーズから新しく発売されたのは、分別ボックスです。毎日出る家庭ごみ。とくにプラスチックごみは場所をとってしまいますよね。限られたスペースを縦方向に有効活用して、すっきり暮らしを整えるrectie分別ボックスのポイントをご紹介します。

◎ここが使いやすい!
おすすめポイント

ぱかっと開くから捨てやすい

既存のrectieボックスと比較して奥行きを大きくし、中のボックスの開く角度も大きくなりました。軽いPET容器やお弁当の容器など、かさばるごみも潰さなくても捨てやすい大きさです。

様々なサイズのゴミ袋に対応

様々な袋に対応できるよう、中のボックスには4辺それぞれにスリットを設けました。袋を2つ設置するなど、使い方も工夫ができます。ぴったりと袋を設置すれば、ボックス自体も汚れにくくなります。

移動に便利なキャスター付き

rectieボックスと同様にキャスターが付属されています。ちょっと移動させたいときにも楽に動かすことができます。
※必ずキャスターを付けてご使用ください。

◎様々な用途で活躍

かさばる空箱などの保管に

サイズがばらばらでかさばる空箱や紙袋。奥行きもあって、開口も広いrectie分別ボックスなら、ガサッと入れて、取り出しもしやすいです。

ランドリーまわりの収納にも

ボックスの深さを活用して、ハンガーの収納などにも便利です。重さのあるものは必ず下段に入れて。
※ご使用の際は、必ず1段あたりの耐荷重と、上段のみにものを入れないことを守って活用ください。

玄関周りでも

来客用のスリッパ収納として。シンプルでインテリアに馴染むデザインなので、玄関周りに置いてもすっきりまとまります。

タオルの収納に

深さがあるから、バスタオルや大判のタオルの収納も楽ちん。色などがわかるように収納すれば、ぱかっと開く口からとりだしやすく使い勝手◎

rectieボックスと合わせてすっきり暮らす

rectieボックスは奥行きもスリムで、開口が狭い分、安定した使い心地。今回ご紹介したrectie分別ボックスは奥行きを大きくして、開口も広げた分、可動範囲が大きいので、軽いゴミの分別に適しています。それぞれの良さを活かして家のなかの収納やゴミ箱を使い分けてはいかがでしょうか。

このページを見た人はこんな商品も見ています

商品をもっと見る >>