CLOSE

小さいから使い勝手がいい
小鍋のすすめ

今冬のイチオシの調理器具は、小さい1人用サイズの土鍋。小さいから調理時間も短く済み、レンジにも入る、洗い物も楽ちん、収納にも困らない。小ぶりなので、お皿としても使えるなどいいことづくし。おすすめのメニューをもとに、小鍋のおすすめポイントをご紹介します。

色で遊べるいろんな鍋

小さいサイズだからこそ、
色で冒険してみるのもいいかもしれません。
スーパーで売ってる鍋の素を活用して、
いろんな鍋を楽しめそうです。
青×エスニック

食器のように鍋もカラフルに。
トムヤムクンの素を使って、材料はいつもの白菜などをメインにしてエビ、パクチーなどで。小さいサイズの土鍋なら、いつもと違った味にも挑戦しやすいです。

ピンク×トマト

淡いピンク色にトマトの赤がぴったりです。小さい鍋で少量の調理は、火のとおりも早く、しっかり味のしみるので、野菜たっぷりのおかずの1品にすることも出来ちゃいます。

白×定番

鍋もメニューもシンプルに。
少し艶のある白が、シンプルに食材を美味しく見せてくれます。小さいサイズなので、水炊きをベースに、少しずつ味変させていくのも新しい楽しみ方です。

1台で済むから、時短に貢献

調理から、器まで。
1台でこなせる土鍋は、おいしく調理できるだけでなく、時短にも貢献します。
食べるきれる分だけ炊ける

かるい土鍋は深さもあるので、ご飯約0.7合程度までが炊けます。お米:水=1:1で、炊く前にしっかり浸水させればOK。食べきりサイズで、気軽に味付けご飯を楽しめます。

ひとり分のご飯に。
洗い物は鍋だけ。

楽したいときは調理から、お皿まで、鍋ひとつでまかなえちゃいます。パスタを茹でて、具材やソースと絡めてそのまま食卓に。洗い物はこれだけで済んじゃいます。

夜食に便利

一人分サイズだからこそ、夜食のラーメンやうどんなどにも。調理してそのまま食べられて、見た目も美味しそう。

小さいから、
ちょっとした冒険も楽しめる。

いままで考えなかった使い方や
メニューへの挑戦もしてみて、楽しんで。
土鍋で茶碗蒸し

1番弱火で、沸騰する前に火を止めて予熱調理。
火加減が難しいから失敗もしますが、ちょっとの量だし、気にせずどんどん挑戦してみて。

土鍋でスイーツも

土鍋を使ってマーラーカオ(中華風蒸しパン)を作ってみました。
斬新なスイーツも楽しみながら、蓋を開けたときの感動も、土鍋ならではの醍醐味です。

使い方次第で広がるメニュー
ちょうどいいサイズのこぶり土鍋

いろんな使い方ができそうな小鍋。今年の冬は少し冒険した、鍋を使った料理に挑戦するのもいいですね。

使用アイテムはこちら

秋の食卓を彩る
もうひとつのおすすめ
オーブンウェアはこちら

このページを見た人はこんな商品も見ています

商品をもっと見る >>