CLOSE

睡眠の質を上げる4つの方法
本格的な寒さの前に、
自分にあった快眠方法を。

朝起きたときに疲れが残っていると感じたり、夜中に目が覚めてしまったり。年齢を重ねていくと眠りが浅くなったと感じる方も多いのではないでしょうか?睡眠の質を高めるには、自分の体に合った快眠方法を見つけるのが一番です。今回はケユカのアイテムを使ったおすすめの4つの方法を紹介します。

1.お風呂でゆったり過ごす

眠る2時間ほど前に身体をじっくり温めて。
眠りにつく頃に体温が下がり、スムーズに眠りに入れるといわれています。入浴剤を入れたり、湯船にアロマオイルを垂らせばリラックス効果がさらに期待できます。

バスタイムにおすすめのアイテム

2.ハーブティーを飲む

寝る前に適度な水分補給をしましょう。
寝ている間にかく汗の量はだいたいコップ1杯分、夏は2杯分と言われており、眠る前の適度な水分補給が大切です。飲みものは、体を温めてくれるノンカフェインを選びましょう。ハーブティーは味を楽しむだけでなく、香りにもアロマテラピーのようなリラックス効果があると言われています。リラックス効果、鎮静効果の高いカモミールなどを選んだり、マーマレードジャムやミルクを加えてみるのもおすすめです。

眠る前におすすめのティーアイテム

3.マッサージと香りで気持ちと体をほぐす

お昼に緊張した気持ちと体をリラックスさせて、寝つきをよくしましょう。
23時にぴったりなブレンドの「アロマオイル」や、落ち着く香りの「お香」でほぐして。体はボディクリームと肩ツボ押しでマッサージ。

リラックスタイムにおすすめのアイテム

4.日本製の絹で3つの“首”をやさしく温める

体をやさしく温めるアイテムを身に着けて。
3つの首と呼ばれている「首」「手首」「足首」は皮膚が薄く、冷えを感じやすい部位です。 ここが冷やされてしまうと全身に冷えが回ります。逆に言えば、ここを温めると全身を温めることができます。ケユカでは、国内工場で丁寧に編み立てた絹のアイテムを豊富に取り揃えております。絹は睡眠に適した素材と言われており、吸放湿性に優れているのでおやすみ時にもムレずに温めてくれます。快適な眠りのお供にどうぞ。

快適な眠りにおすすめのアイテム

心地よい眠りで、目覚めのいい朝を

眠りの質が高まると、朝の目覚めもすっきりと迎えることができるはず。
目覚めたらすぐに動き出さずにベッドで軽いストレッチをしたり、朝食には温かいスープを飲むなどしてゆっくりと頭もからだも起こしていきましょう。

このページを見た人はこんな商品も見ています

商品をもっと見る >>