豊洲店スタッフに聞く。失敗しない家具選び(前編)
  • home>
  • スタイル>
  • 豊洲店スタッフに聞く。失敗しない家具選び(前編)

豊洲店スタッフに聞く。
失敗しない家具選び(前編)

2017.7.26

今回のstyleは、リニューアルを終えたアーバンドック ららぽーと豊洲店から、スタッフの小塩風丸さんに家具選びのポイントや一押しの家具について話を聞きました。
前編では、改装後のアーバンドック ららぽーと豊洲店について。後編では家具選びのポイントと小塩さん一押しの家具をご紹介します。

新しいアーバンドック ららぽーと豊洲店

都内でも有数の大型店である豊洲店は、品揃えが豊富なことが特徴です。広い店舗をいかして、他にはない家具も展示しているため、特に家具のご購入を検討しているお客様にはおすすめです。 アーバンドック ららぽーと豊洲にはキッザニア東京があることもあり、週末はお子様連れの若いファミリー層を中心に賑わっています。

連結して使用できる新商品のエムソファも展示されています。

じっくりと時間をかけて選んでもらえるお店に

豊洲店も、ケユカの新しいコンセプトにそって改装されました。ナチュラル、モダン、エレガントといったテーマごとに仕切りを入れて、実際のお部屋に近い空間で、ご自宅をイメージしながら家具をお選びいただけるようになりました。 また、ダイニングチェアも一覧できるようにディスプレイされているので、実物の商品をじっくり選ぶことができます。 それでは、小塩さんからメインとなる3つのテーマを紹介してもらいます。

エレガント

「深みのあるリッチなお部屋に」がコンセプトのブースです。ウォールナット材やオーク材という、木目が大胆な木材を使用しています。 深みのある色で、綺麗な木目の木材を使用することで、重厚感や高級感を演出しています。特に年配の方や、男性に人気のテーマになっています。

ナチュラル

「ナチュラルで優しいお部屋に」がコンセプトのブースです。木目も色も柔らかいメープルという木材を使った家具を揃えています。部屋全体が優しく温かみのある雰囲気になり、女性の方に特に人気です。
3つのテーマの中では一番開放感を感じていただけるテーマです。

モダン

「落ち着きのあるすっきりとしたお部屋」がコンセプトのブースです。アルダー材やブナ材といった木目が主張しすぎない木材を使用しています。均一な木目が特徴で、主張はしませんが、無表情ではありません。そして、他のさまざまなテイストにも合わせやすい家具を揃えています。
カーテンの色も合わせやすく、お子様のおもちゃが置いてあっても溶け込めるテイストになっていますので、等にお子様連れのご家族に人気のテーマです。

タビーソファ 3.0P アイボリー ¥116,800(+税)/タビーソファ オットマン アイボリー ¥22,400(+税)/ノーブル円形ローテーブルØ55 ¥24,000(+税)/ノーブル円形ローテーブルØ40 ¥16,000(+税)/オレフォス/アイボリー ¥18,680(+税)

この3つのテーマの他にもベッドルームなどのブースが用意されています。スタッフや他のお客様の視線が気にならないように配慮されていますので、ゆったりと座っていただきご自宅のお部屋にいることをイメージできるような作りになっています。 店舗で家具を選んで、ご自宅で検討された後に、もう一度ご来店くださって、再度、イメージを確認されるお客様もいらっしゃるそうです。みなさまもぜひ体験しにいらしてください。

後編はスタッフ小塩さんから家具選びのポイントと一押しの家具について話を聞きましたので、楽しみにお待ちください。

ケユカ アーバンドック ららぽーと豊洲店のページはこちら ≫
家具・ラグのページはこちら ≫
豊洲店スタッフに聞く。
失敗しない家具選び(後編)はこちら ≫

カテゴリ : 家具


LINEで送る