滑らない、型崩れしない、収納しやすい
クローゼットが見違える、
ハンガー選び

たくさんの種類があるハンガーは、何を基準に選んだらいいのか?迷ってしまうことも多いはずです。適当なハンガーで衣類を掛けていたら、ぎゅうぎゅうで取り出しにくかったり、いつの間にか掛けていた服が落ちていたりすることも…。なによりクローゼットいっぱいに服があふれていては、洋服の傷みや型崩れの原因に。どこに何があるのかわかりにくく、毎朝着たい洋服を探すのもたいへんです。 そこで、今のあなたの暮らしをすっきりと整えてくれる、最適なハンガー選びをKEYUCAがご提案します。

スッキリまとまるハンガー収納

ハンガーの色も種類もバラバラで、クリーニングから戻ってきた服もそのまま掛けていたりしませんか? 薄い素材の洋服は滑りやすい素材のハンガーではすぐに落ちたり、ボリュームのあるハンガーだとかさばってしまうことも。そこでおすすめしたいのが、滑りにくい素材のハンガー。しかも薄型タイプなら、クローゼットの収納力アップにも役立ちます。

・薄めのハンガーで収納力アップ!

コートやジャケット以外の薄手の洋服は、薄めのハンガーで十分対応できます。薄型のハンガーを揃えたり、ハンガー同士を連結して吊るせるタイプを選ぶと、掛けられる服の枚数も増え、クローゼットの収納力もアップします。

ハンガーの色も洋服の丈・色もバラバラで。クローゼットいっぱいに衣類がかかった状態。

薄手で滑りにくいコーティングがほどこされた「滑らないハンガー」を使用することで、同じ量の洋服が半分以下のスペースに収まる。衣類がハンガーにピタッとくっつくように掛かるので、薄手の衣類がズレたり、落ちたりする心配なし。

・ハンガーの色や素材を揃えてみる

ハンガーの色や素材がちぐはぐだと、雑多な印象のクローゼットに。ハンガーはできるだけ、色を揃えたり、素材感をまとめてみると、スッキリと見えます。ナチュラルな感じや洗練された感じなど、最初にどんなイメージのクローゼットにしたいのか考えてから、それに合うハンガー選びをしてみましょう。

服の色や丈を揃えたり、メンズ・レディースに分けて掛けると、下にスペースも生まれ、収納ボックスを置くことも可能。

ハンガーはサイズ選びが大切

ハンガーに洋服を掛けていたら、いつの間にか型崩れしていた…それは洋服とハンガーのサイズがあっていないのかもしれません。まずは、洋服に合わせた正しいサイズのハンガーを選ぶことから始めましょう。

サイズが合わないハンガーを使っていると肩の部分にシワが入ったり、型が崩れてしまう。

ハンガーの肩幅サイズの選び方

(1)洋服の両肩の肩先までの長さを測ります。
(2)測った長さに1~2cm引いた長さがハンガーの肩幅サイズの目安になります。
(3)ちょうどいいハンガーサイズがない場合は、小さめを選ぶようにします。

より最適なハンガーを選ぶには、ハンガーの肩幅サイズだけでなく、肩先の厚みもチェックしましょう。

・コート:ハンガーの肩先の厚みは5cm以上を目安に。
・スーツ・ジャケット:ハンガーの肩先の厚みは4cm以上を目安に。
・シャツ・ブラウス:ハンガーの肩先の厚みは1~2.5cm位を目安に。 ※2.5~4cmの肩先の厚みがあるハンガーなら、ジャケット・シャツのどちらにも使えます。

どんな用途で使うかも
ハンガー選びのポイントに

掛ける洋服のタイプに合わせて、ハンガーの種類を変えることで、型崩れやシワを防止し、洋服を傷みにくくします。

・スーツ用ハンガー

背中から肩にかけてほどよい厚みがあるため、スーツの型くずれを防ぎます。フック部分が金属性のものなど、スーツの重さにも耐えられる素材を選びましょう。

Yote P JKPハンガー M ブラック

Yote W JKハンガー ジャケット用 レディース

・ジャケット&コートハンガー

ジャケットやコートなどを掛ける場合は、肩の位置がぴったりと合うものを選ぶと、型崩れを防ぐことができます。

Yote S cJK 滑らないハンガー M グレー

肩の部分にはほどよい厚みがあるため、ジャケットやコートのラインをキレイに保つことができる。滑りにくいハンガーなので、なめらかな素材のジャケット類もしっかりと固定。ズリ落ちることなく収納できる。

ジャケット用ハンガーは、レディース、メンズなどサイズに合ったものを選びましょう。ジャストサイズを選ぶことで、シワや型崩れの心配がなく収納できます。

Yote P JKハンガー S ブラック

Yote P JKハンガー M ブラック

Yote W JKハンガー ジャケット用 メンズ

しっかりとしたつくりの木製ハンガーはジャケットも型崩れなく収納。

Yote W JKPハンガー スーツ・ジャケット・パンツ用 メンズ

フック付タイプはスーツの収納に。出し入れもスムーズ。

・パンツ・スラックス・スカート用ハンガー

パンツやスカートを折らずにそのまま吊るすことができるので、折りジワがつくことなく収納でき、幅も取りません。パンツなどの幅に合わせてクリップを移動でき、しっかり固定することで自然にシワを伸びやすくなります。

Yote S PNハンガー パンツ・スカート用

ウエストからクリップで留めて吊るせば、折りジワになることなく収納できる。

Yote S cPN 滑らないハンガー グレー

パンツの裾の方から吊ると、パンツの重みでシワを伸ばすことができる。

Yote S cBA 滑らないハンガー グレー

パンツ2本を省スペースで吊るすことができる2段タイプ。なめらかな素材のパンツも、滑りにくいハンガーならズレ落ちないので便利。

Yote W PNハンガー パンツ・スカート用

移動式フックでスカートの幅に合わせて吊るすことができ、シワの防止も。

Yote P PNハンガー II ブラック

場所をとらない薄型ハンガーで、フレアのスカートもスッキリと収納。

Yote W cPN ハンガー U ホワイト

木とスチールのハンガーは、ウッドでもシルバーでもハンガーを統一しやすいのが魅力。

Yote S hPNハンガー

連結するタイプのハンガーなら、数枚を重ねて収納可能。スペースも省くことができる。

・シャツ・ブラウス用ハンガー

軽くなめらかな素材の多いシャツやブラウスは、丸みのあるフォルムや滑りにくい素材を使ったものがおすすめ。肩に厚みがいらない分、薄いハンガーを選ぶと収納スペースをとりません。

Yote S cNM 滑らないハンガー グレー

襟ぐりの大きい洋服も、滑りにくい素材のハンガーに吊るすと安定して収納できる。軽くてなめらかな素材のブラウスも、滑りにくい素材のハンガーなら斜めにしても落ちない。

Yote W NMハンガー シャツ・Tシャツ用

肩部分に溝のあるハンガーは、キャミソールタイプの収納に便利。

Yote P NMBハンガー ブラック シャツ・Tシャツ用

薄型タイプ&溝付きで、薄手のシャツやキャミソールも落ちにくくスッキリと収納。

Yote S csNM 滑らないハンガー グレー

襟のあるシャツなどには、立ち上がりのあるハンガーを選ぶとシワをつけずに収納しやすい。滑らない素材を選ぶと、より肩のラインを固定しやすくなり型崩れやズリ落ちも防止。

クリーニング後の洋服の収納法

クリーニングから戻ってきた洋服は、すぐにナイロンカバーをはずします。ナイロンカバーをかけたままだと、クリーニング溶剤のにおいが残ったり、湿気がこもりやすく、カビの温床にもなります。カバーを外したら、サイズの合ったハンガーに掛けかえ、通気性の良い衣類カバーを掛けて、ホコリやカビから大切な洋服を守りましょう。

クリーニングから戻ってき洋服はすぐにビニールから取り出し、ハンガーも専用のものに掛けかえる。

このページを見た人はこんな商品も見ています

商品をもっと見る >>