CLOSE

ギフトから見えてくる大切な気持ち 2

ギフトから見えてくる
大切な気持ち 2

2016.5.26

長らくご愛顧いただきました食器とカトラリーの名入れサービスは、終了となりました。
箸、マグカップ、タオル、ハンカチ、ベビーグッズなどは、今後も継続してまいります。
これまでサービスをご利用いただいたお客様に厚く御礼申し上げますとともにご理解を賜りますようお願い申し上げます。

お誕生日、結婚祝い、出産祝い…と、ギフトを贈る機会は少なくありません。親しい友人、会社の上司や同僚、家族などの喜ぶ顔がみたくて、どんなギフトを贈ればよいか頭を抱えている方もいるかもしれません。

ギフトにも最適なケユカは、約2,000種類のオリジナルデザインの商品から選べるだけでなく、タオルやハンカチ、食器、カトラリー、トート、ベビーアイテムなどは、名入れサービスや刺繍サービスなどを利用することにより、世界でたった一つのオリジナルアイテムをつくることができます。今回はシリーズで、工夫を凝らしたオリジナルギフトの4つの事例を紹介いたします。

音楽好きの親友から届いた、
音楽好きな二人への結婚祝い。

東京都世田谷区にお住いの上田百合子さんは、昨年の9月に結婚式を挙げました。ある日、どうしても式に参列できなかった5年来の友人から届いた結婚祝いは、音楽好きのご夫婦にぴったりのちょっとユニークなギフトだったようです。ギフトを受け取った上田さんに話を伺いました。

「実況中継しながら開封しました」と上田さん。荷物が届いてから中身を確認するまで、ギフトを贈ってくれたご友人とLINEでメッセージを送りあったそうです。
「最初は普通の綺麗な白いお皿だと思ったらpianoって書いてありました。既製品のお皿だと思って開けていったら、guitar、bass、drumsと、バンドのパートが印字されたお皿が次から次へと出てきたんです。
もしかすると、これは、世界にひとつだけのものかもしれないと気づきました」。

上田さんに届いた結婚祝いは、ずっとバンドをしているご夫婦のために、各パート名が印字された食器セットと、ご夫婦のイニシャルが入ったカトラリーセットでした。

ご友人によると、食器セットはバンド編成を意識しつつ、各サイズに上田さんが担当している鍵盤楽器が必ず入るように工夫されたとのこと。書体も選べるので本当に1つ1つのお皿をデザインしているようで、とても楽しい作業だったそうです。
また、食器セットがユニークなので、カトラリーはシンプルにスクリプト体のイニシャルを選択。ずっと使えるようオシャレにしました!とのことでした。

カフェで知り合い、職種も似ていて音楽好きという共通点からどんどん仲良くなっていったという上田さんとご友人。社会人になると会社以外で新しい友人に出会うのはなかなか難しく、勇気を出して一人でいったカフェにお二人ともすごく感謝しているそうです。

上田さんはお料理も大好きとのことで、「名入れの商品というと、装飾的なイメージがあったのですが、これはシンプルでとても好みです。サイズもいろいろあって使いやすそう」と、とても喜んでいました。

早速ボウルLとボウルSは、カレーやサラダを入れたりとお使いになっているそうで、プレートMは、バンドメンバーが遊びに来た時に各パートのお皿を使ってもらったりと楽しい使い方を想像しているそうですが、「気持ちがたくさんつまったすごく大切な物なので、割れないように大事にとっておきたい」という思いもあるとのこと。

「いろんなサイズの食器があるので、家族みんなの名前を入れてプレゼントしても喜ばれそうですね。お子さんも自分の名前が入ったお皿だと愛着が湧いて、お母さんのお手伝いをたくさんしてくれるかも」と上田さん。自分でもオリジナルギフトを考えて贈ってみたくなったそうです。

名入れもできる食器「Nola シリーズ」はこちら ≫
名入れもできるカトラリー「ボレロ シリーズ」はこちら ≫
ウエディングギフトの紹介ページはこちら ≫
ギフトから見えてくる大切な気持ち 1 はこちら ≫
ギフトから見えてくる大切な気持ち 3 はこちら ≫
ギフトから見えてくる大切な気持ち 4 はこちら ≫

カテゴリ : キッチン用品 , ギフト